不動産を売却した経緯と感じた事

司法書士に相談し手続きを進められた

身内と連絡が取れず相続した家が売却できない司法書士に相談し手続きを進められた無事に売却でき金銭的にも助かった転勤に伴って住んでいた不動産を売却した

そしてその司法書士に事情を話すと、最近ではよくあることだという話をしていただけました。
その方曰く、相続人の一部が行方不明だったり全国各地に散らばったままということで放置されている不動産が現在ではかなり多くあるようです。
そういった場合は、家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立てることが必要だそうです。
もちろんその相談にのっていただいた司法書士さんにその役目を依頼することにしました。
そこからは司法書士さんにお任せで事はどんどん進んでいったのを覚えています。
もちろん自分も様々な手続きなどで動かないといけない点はありましたが、基本的に指示に従って動けばよかったので気が楽でした。
しかも司法書士さんは不動産業者とも連携してくれて、売却の手続きも進めていてくれたので良かったです。
結果としては時間は掛かりましたが、無事不動産を売却するに至りました。
価格も納得できましたし、行方不明の兄弟への分配や資産の保管についても全て指示をいただいたので心配することは今も何もありません。
我が家としても分割の結果それなりの金額を手にすることができましたので、子供の教育費やマイホームのリフォーム資金に充てることができて非常に助かりました。
思ったより住宅ローンの繰り上げ返済ができておらず実は生活が苦しくもあったので、親の家と土地を売ることができて少し余裕ができたのです。